スロット 新台入荷

スロット 新台入荷

「よ……よっし

なら、任せろ

私がきっちり使いこなしてみせるぜ」 涙を拭いながらのレームのはしゃぎようにタツオもくわーっと鳴いて喜んでいた

ふたりしてスキップする勢いである

あなたも好きかも:パチンコ 笑うセールスマン ゆうタイム
 その横ではライルがポカンとエミリィに頭を叩かれて、「だからモテないのよ」とトドメを刺されてヘコんでいた

『……情けない』というジーヴェの槍の声がさらにライルを落ち込ませていた

あなたも好きかも:パチンコ シンフォギア 検定
 そんなレームたちとは少し離れた場所では、白き一団のリーダーに改めて礼を言いたいとのことで風音はミーハたちと話し合っていた

「まあ、ワフルさんとネコンさんとも偶然会えたし、そっちも助かったんだから本当に良かったよ」 ミーハ、リード、ウーガルの他に、ドワーフのワフルと猫獣人のネコンも風音の前に立って頭を下げていて、風音も良かった良かったと頷いていた

あなたも好きかも:マルタ カジノ 服装
実は風音がワフルとネコンを発見したのは血の匂いがしたからで偶然ではないが、容易に手の内を明かす必要もないし、偶然で済ませていた

「いやいや、カザネが来てくれなかったらマジピンチだったよ」「まったくだぜ

こっちもランドイーグルにまた襲われてなあ」 ワフルとネコンがしみじみと言う

 風音が駆けつけたときにはふたりともかなり出血をしていたのである

それはもう、ダンジョンの中においては鮫の水槽に血塗れでぶち込まれるに等しい状態であったのである

 しかし、彼らは血止めもできないほどに追われ、追い詰められていたのだ

風音が助けていなければ確実に魔物の腹の中にいたはずであった

「私たちの方もナオキさんに助けられてなかったら、もう駄目でした

本当にあの人は凄い……」 頬を赤らめながら言うミーハに、後ろにいるウーガルとリードはひきつった笑いで頷いていた

風音はそれを見て眉をひそめる