バイオハザード6 スロット

バイオハザード6 スロット

ただ、魔法の消耗、魔力の消耗も大きくなるのは問題だろう

このままいけばフーマルに掛けていた魔法が切れる方が早い危険もあるかもしれないと公也は思った

「火よ姿なき塊を散らす焔となれ」 火の魔法を使い悪霊の体を燃やす

エネルギーによるものか、火による浄化か、光による作用か、魔法により悪霊の体が削れていく

「次は風を……っと、防御できるとはいえ当たらないほうがいいよな」 相手の攻撃を避ける

防御能力があるが攻撃は当たらないほうが安全である

あなたも好きかも:ドキッ女だらけの水泳大会 パチンコ
いくら公也が特殊な生態をする奇異な存在であるとしても、決して無防備に攻撃を受けていいわけではない

あなたも好きかも:バカラ 飾り
ましてや精神系統は公也でも完璧に安全とは言えない

物理的ならば幾らでも平気だが、精神や霊体、魂と言ったものに対する攻撃は公也はどことなく不安があった

実感がないからかもしれない

 ゆえに相手の攻撃は避け、そこに攻撃を叩き込む

武器を使った攻撃でもいいし、魔法を使ってもいい

あるいは暴食で悪霊を食して削るのもありだろう

公也としては悪霊を削るために暴食を使うのはどうかと考えているのでそれは流石にしない

まあ、最終手段としては考慮に入れているのでいつでも使えるようにはしているが