スロット 番長3 バス 操

スロット 番長3 バス 操

「や、やっぱりそうなるんだね

……反町君らしいよ」 最後の呟きでがっくりと頭を落とす

 刃向かえない良二に真里乃は苦笑いを浮かべて彼の腕を撫で、「……はあ」と肩の力を抜いた

「でもホント……大変なことになりそう」 困った面持ちで優樹を見下ろし、長い髪を撫でて束ねる

あなたも好きかも:大門 パチンコ 閉店
「私、正直言って……、お父さんとお母さんはなんとかなると思うの」 その言葉に、反町も、そこにいたみんなが彼女を見た

あなたも好きかも:カジノ 青少年
「本当に!?」と期待を寄せる視線だ

表情も途端に明るくなった彼らに真里乃は苦笑して続ける

「反対はすると思うわよ? でも、二人とも優樹には弱いから

……優樹のことだから、反対されたら泣き喚いて困らせるくらいのことはするでしょうし……

お父さんは優樹に泣かれたら、うん、って言うしか出来ない人だから

そうなると、お母さんも頷くしかないものね……」「優樹ちゃんって、すっごい武器を隠し持ってるんだね」 加奈が真顔で感心するが、真里乃は再び困った顔で眠っている優樹を見下ろした

「怖いのはそのあと

……叔父様、ね」 彼女のため息混じりのその言葉に、良二も「……あ」と何か思い出したのか、表情を消し、気まずそうに目を泳がせた