銀銀丸 スロット 機械割

銀銀丸 スロット 機械割

用兵の特徴 軍事の才能は無いものの、カートリンクに対して反感を隠さなかったため「反カートリンクの象徴」として持ち上げられ、次第に地位を高めて十七年前にカートリンクが養育のため軍務長官職を辞したのを期に軍務長官となる

政略に疎く、味方をしている異民族を攻撃して離反させたり、野獣の群れにすら敗北

さらに帝国軍と戦って大敗し我先にと逃げ出した責任をとり軍務長官職を解任されると危惧した反カートリンク派は、タルカスを軍務長官補佐に据えて軍を統率してもらった

あなたも好きかも:goldrush スロット
しかしタルカスの用兵はただの数だのみであり、軍の陣形も方陣しか知らなかった

あなたも好きかも:パチンコ 話題 ついていけない
そのため帝国軍が斜線陣をとってきても対処できず、以後帝国軍に大敗を続けることとなった

しかしタルカス自身は責任を負わず、軍務長官を切り捨てることで軍務長官補佐の職から退くことがなかった

 十年前にカートリンクが軍務長官に復帰すると補佐職は廃止されて一将軍へ格下げされる

その二年後帝国皇帝フロウが死去し、病弱な皇太子レブニスが即位すると、二年間カートリンクが勝利していないと非を鳴らして排除し、再びタルカスが軍務長官となった

レブニス帝とタルカス軍務長官の「テルミナ平原の戦い」では大勝利を収め、軍務長官職の地位を確たるものとした

あなたも好きかも:tmr スロットルワイヤー
この際レブニス帝を「惰弱帝」と名づけた

 翌年「惰弱帝」とタルカス軍務長官の第二次「テルミナ平原の戦い」に臨むと、帝国軍のクレイド什長が傑出した戦果を挙げ、その槍をもってタルカス軍務長官の首を刎ねた

「反カートリンクの象徴」を失った反カートリンク派は、復職するカートリンクを阻止できなかった

 のちにアマム将軍が政治力を発揮して「反カートリンク派の筆頭」となり、タルカスの遺志を引き継ぐこととなった

【アダマス】 五十五歳来歴 レイティス王国将軍身体的特徴 白毛の混じった黒い角刈りに黒い瞳 180cm、90kgの屈強で筋肉質精神的特徴 活力は王国軍随一であり、槍技は帝国のクレイドに匹敵する

政略には疎く、あくまでも戦場の人である

 出陣すれば帝国軍大隊長をひとり討ち取ってきたため、タルカス軍務長官に見出だされて役職を上げていく

 そのため反カートリンク派の将軍であり、タルカスが王国軍を実質支配していた十二年前に四十三歳で将軍へと昇格する

 タルカス軍務長官がクレイドの槍の露と消えた際に、クレイドと一騎討ちを演じ、その槍技を遺憾なく披露した

 しかし敗軍の将であり、次期軍務長官はカートリンクが受け持つこととなる