モバゲー パチンコ 遊び方

モバゲー パチンコ 遊び方

あなたも好きかも:パチンコ 託児所 神奈川
「今日はもう遅くなるから帰るんだよ

お迎えが来てるんじゃないかな?」「……うん」「じゃあ……明日、このくらいの時間に、お兄ちゃんたちがななこちゃんに会いに行くから

その時、カツヤ君とアキラ君に会わせてくれる?」「うんっ」 元気良く笑顔で頷くななこに、反町は、笑顔で彼女の頭を撫でた

それじゃ、また明日な」「うんっ」「一人で戻れる?」「戻れるっ

じゃあ、明日待ってるねっ」 ななこは笑顔でそう答えると、ドアに駆け寄り部室を出ようとしたが、……ドアノブに手が届かない

 生美は、「あぁ、はいはい」と、そこに近寄ってドアを開けてあげた

「ばいばーい!」 と、笑顔で大きく手を振って駆けていくななこに、生美も苦笑して「バイバイ」と手を振り、彼女がいなくなったことを確認してドアを閉め、ホッ……と肩の力を抜いた

「……さくら組って言ったら……五歳ぐらいかしら?」「最近の子どもはマセてるよなぁー」「かわいい悩みだよ」 反町は笑いながら椅子に座って、肩に掛けていた鞄をテーブルの脇に置いた

そんな彼に、優樹は感心するような笑みを向けた

「流君、子どもとお話しするの、上手いね」「ひょっとして子持ちか!?」 と、身動ぐ白川を睨み付け、反町は優樹に目を戻した

「病院で小児病棟の子どもとか相手にする時があるから」「あ……、そっか」「けど、まさか幼等部から恋の悩みで来るとは思わなかったな」 洋一は苦笑しながら椅子に腰掛けた

あなたも好きかも:千葉県 スロット 爆サイ
「でもこれでさー、もし、カツヤもアキラもあの子のことが好きじゃないってなったら」 優樹と生美に睨まれて、白川は口を閉じた

「女の子の夢を壊さないで」「そうそう

純粋なんだから」 二人口を合わせて、「ねーっ?」と意気投合する

「……十年も経てば、こういう風になっちまうんだぜ」「……あのままでいて欲しいよな」 立花と洋一の残念そうな言葉に、優樹と生美は二人を鋭く睨み付けた