30日 イベント 福岡 パチンコ

30日 イベント 福岡 パチンコ

また、後方任務に就く他の後備大隊を前線へ送ることについても後命を待つこと

 メッス~ティオンビル~シャルルヴィル=メジエール間の鉄道線(アルデンヌ鉄道)の修理計画は直ちに立案すること

このためランス在の第1野戦鉄道隊は第一軍隷下とする

ちなみに、ザールブリュッケン在の王国鉄道提理(運用)部には、メッス周辺の鉄道復旧準備を既に命じたところである

このため、同部が線路などの修繕資材を先に徴発することもあると考えられるので、担当官はこれと調整を要するだろう

第一軍はこれ以外にも最低2個軍団を以て速やかにサン=カンタン(ランスの北西85キロ)~コンピエーニュ(パリの北北東72キロ)間に到達せねばならない

このためには、メッスにて降伏条約が発効し次第、当該軍団は直ちに行軍を開始すること

 第二軍、即ち第2、第3、第9、第10の各軍団、騎兵第1師団は、主行軍方向をトロア(ランスの南106キロ)に定め、その後速やかに中仏ロアール川中流域に到達することとする

但し、既に電信命令によって鉄道輸送でパリ方面へ先行することを命じた1個師団(普第4師団)は、この際再び軍団(第2軍団)に復帰することを命じる(つまりは第2軍団の残部もパリに向かうことになります)

ブズール方面にあるヴェルダー将軍麾下の第14軍団には、この後第二軍がリヨンに向けて前進する暁にはその左翼を援護するよう既に命じている

あなたも好きかも:オンラインカジノ おすすめボーナス
 第一、第二の両軍は、その給養を容易にし同時にその行軍速度を上げるため、行軍正面を広く指定し横長く行軍すること

あなたも好きかも:谷岡一郎 パチンコ
   参謀総長フォン・モルトケ   フリードリヒ・カール親王閣下」(筆者意訳) 戦利品 メッスの仏軍野砲 メッス要塞が陥落しバゼーヌ将軍が降伏した後、独第二軍は大本営が命じる通り自軍占領地内の捕虜を大至急東へ発送し、10月末には既に南西方向への行軍を開始しました

 ところが、独第一軍はメッスとその周辺における残務(特に捕虜の扱い)が想定以上に厄介であったため中々前進命令を遂行出来ず、予定より1週間ほど長く同所に留まることを強いられました

 予備第3師団の「師団内師団」・『後備』第3師団は、命令通り大量の捕虜を指定地まで護送、その後も監視業務で独内地に留まらねばならず、このため「大型師団」であった予備第3師団の残部は、正規歩兵1個旅団(2個連隊)と騎兵4個連隊、砲兵6個中隊という「騎兵師団」クラスとなってしまいます

 降伏後、普兵からタバコを貰う仏兵 この仏軍捕虜の護送方法は以下の通りで、まずはモーゼル川左(西)岸に設けた第二軍管轄下2つの「一時捕虜収容所」から、1日あたり捕虜1万人を、第一軍管轄下にも2個ある「中央捕虜収容所」(第一軍の「一時捕虜収容所」でもあります)へ送り出し、この収容所からは同じく1日あたり1万人の捕虜をサント=バルブとアル=ラクネイー付近2ヶ所に設営された「東方捕虜収容所」に送り出しました