化物語 スロット 千石撫子

化物語 スロット 千石撫子

そう――本当の意味で、ただ、誰もいない、と証明された場があれば、それだけで、狂える

 そんな場など、ないけれど

 今のご時世、誰かが何かをしていることなど、呼吸をするようにわかるのだから、それで充分だ

何をしているのか知らなくとも、なにかしていて、そこに在ることは、無意識であっても感じ取れるのだから

 自分はここにいると大声で叫んで、それを聞いてくれる誰かがいれば、それがもう存在証明だ

自分に対し、自分とはこうだ、と規定したところで、客観視ができない以上、証明はほぼ不可能に近い

あなたも好きかも:スロット ハイエナ 嫌がらせ
 けれど

 あるいはその行為が、シミュレートの終了の合図として、必要なのではとつみれは考え、その方法を探りつつあったのだ

「幼少期から脱した時に発生する自己の確立とは違って、それをやると後戻りができない

――独りになるわよ」「……え?」「誰かが傍にいても、――ただそれだけ

あなたも好きかも:パチンコハトヤ 多摩区
本来あるはずの繋がりもなく、感覚もなく、すべてが自己で完結してしまう

たとえば? 刹那小夜のように、花ノ宮紫陽花のように、鷺城鷺花のように、朝霧芽衣のように――そして、私のように」「――」「そもそも、善し悪しで語れるものではないの

ただ、私の見地から言えば、避けた方がいい

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン スロット 勝利への願い 歌
かつて蒼凰蓮華がそうしたように、拒絶すべきだろうと、私は思う」「独りっスか」「そう」「じゃ、それは避けた方がいいっスね――」 少なくとも今、ミュウの顔が浮かんだのならば、やめるべきだ

なによりも、ただただ単純に、それを、恐ろしいと思う