プレステ2 麻雀ゲーム

プレステ2 麻雀ゲーム

あなたも好きかも:パチンコ ジュール
だが、いま私の知り合いはティアラ様とライナーだけだ

ライナーのやつは意地の悪そうな嘲笑を浮かべていたので、ティアラ様の下へと駆け寄るしかなかった

「――ふふっ

師匠が好きなのもラスティアラちゃんだけみたい

よかったね……

両思いだよ?」 胸の中に隠れようとする私の頭を、ティアラ様は優しく撫でてくれる

 その手は、知らない母のように暖かくて、私の嗚咽は止まらない

「う、うぅぅーっ! ぁあぁぁっ――!!」「ふいーっ

あなたも好きかも:x men 無料
これでもう終わりかなー? 師匠もおーけー? まっ、千年前のことはゆっくりと思い出してくれたらいいよ

あなたも好きかも:西成 区 パチンコ
ただ、もし全部思い出したらさ、そのときは――」 ティアラ様は全て終わったと判断したのだろう

 年長者らしく別れの言葉で、場を締めようとしていた

「そのときは私たち母娘(おやこ)ごと、ラスティアラちゃんを愛してあげてね」 そのまるで『予言』のような遺言のあと、千年前の聖人による『詠唱』と魔法が発動する

それを止めることは、もう私にはできない

「――『ああ、世界は愛こそ偉大』! 『恋こそ人生、人の生きる意味そのもの』! 『人の恋路を邪魔するやつは死んでしまえ』! レヴァン教の聖人の名に於いて、二人の前途に祝福あれ! ――神聖魔法《再誕(リヴァイヴ)》!!」 私はティアラ様の胸の中で目を瞑っているというのに、星空のような光が視界に満ちた

 血と血を絡ませながら、ゼロ距離で魔法は発動したのだ