鉄 の ライン バレル スロット

鉄 の ライン バレル スロット

オリアン=リバイエン

魔龍窟の総帥であり、前国主マーシアスより外法を受け継いだ人物である

彼もまた才能に溢れた人間であり、ミレルバスが彼を重用しているのもそれが原因だ

人格はいくらでも偽れるが、才能は嘘をつけない

「卑下することもあるまい

だれもが心に影を持つ

君は、外に影を作ったことで、光で有り続けることができている」「わかっているさ」 ミレルバスは、オリアンの目を見ていた

相変わらず正気なのか狂っているのかよくわからないが、それが彼の正常ならば、狂ってはいないということかもしれない

「ところで、ミリュウがどうかしたのかね」 ミレルバスが不思議に思ったのは、オリアンが戦術や戦略に興味を持たない男だからだ

あなたも好きかも:スロット ケンシロウ 強敵
軍の動きに口を出すなど、珍しいことだった

あなたも好きかも:パチンコ フェスティバル 平和
彼は、なにがおかしかったのか、表情だけで笑った

「ミリュウには天将位か、と思ってな」「……そんなことか」「血を分けた子に聖将位を与えた君もまた、血縁などという繋がりに幻想を抱く愚者なのかな?」 オリアンの目が、皮肉に歪んだ

五竜氏族による支配の交代制度に異を唱え、才能による改革を謳うミレルバスらしからぬ人事ではあった

「おまえも、娘の扱いを気にしているようだが」「違うな

わたしは君の言動が腑に落ちないだけさ

ジナーヴィに聖将たる才はあるか?」「十年」 ミレルバスは、瞑目した