ウィッチマスター スロット フリーズ

ウィッチマスター スロット フリーズ

「しかも、これ……もしかして」 そう言いながら風音たちはゆっくりとコテージの方へと向かっていき、それから草葉の陰に隠れながらソレを見た

 ビッチビッチビッチビッチ「あ?」 直樹が目を見開いた

あなたも好きかも:パチンコ 攻殻機動隊
なんと風音コテージの上に偽装して造った池でフォレストロブスター五匹泳いでいた

あなたも好きかも:パチンコ エヴァ10 スピードインパクト
どうやら新しくできた水場を発見して引っ越してきたようである

その様子を見ながらジンライが風音に尋ねる

コテージの中には誰もおらんのか?」「ここからだと匂いはたどれないから分からないけど、この時間帯じゃあ狩りに出てるはずじゃないかな」 風音は仲間の匂いを感じることはできなかった

地下に固定した上に人工の池を乗せているのだ

あなたも好きかも:スロット 出玉規制 緩和
魔物が『犬の嗅覚』的なスキルを使っても探れない程度の対策はしていた

「どうするよ姉貴

さすがにアレに近付いて気付かれないようにコテージに入るのは無理だろ?」「そうだねえ

ふーむ」 風音がじっくりと池の方を見ながらこう口にした

そしてポンと手を叩いてニタリと笑う

「そんじゃあさ

あれ、ちょっくら茹でちゃおっか?」 その口元からはジュルリとヨダレが垂れていた

名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備:杖『白炎』・ドラグホーントンファー×2・鬼皇の鎧・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪レベル:45体力:163+25魔力:443+550筋力:90+60俊敏力:99+50持久力:55+30知力:93器用さ:76スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』『テレポート』『カイザーサンダーバード』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[2]』『光輪:Lv2』『進化の手[3]』『キックの悪魔:Lv2』『怒りの波動』『蹴斬波』『爆神掌』『コンセントレーション』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv5』『イージスシールド:Lv2』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス:Lv2』『インビジブルナイツ』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv2』『情報連携:Lv3』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv4[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv3』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv3[竜系統]』『魔王の威圧:Lv2』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv2』『真・空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv3』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス:Lv2』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収』『白金体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚』『カルラ炎』『魔物創造』『ウィングスライサー』『フェザーアタック』『ビースティング』『弾力』『イーグルアイ』『ソードレイン:Lv4』『空中跳び[竜系統]』『暴風の加護』『最速ゼンラー』『ソルダード流王剣術』『タイタンウェーブ』『宝石化』『ハウリングボイス』『影世界の住人』『知恵の実』『死体ごっこ』弓花「風音……なんかエイリアンとかパラサイトとかそんな感じのイメージが」風音「背に腹は代えられなかったとはいえ、正直あまり使いたくはない手だね」