2012年 パチンコ パチスロ

2012年 パチンコ パチスロ

髪は黒く、その上に草花で編まれた冠が乗っていた

綺麗に咲く花弁からは、季節感を惑わせるものがある

大きな目はさながら宝石のように美しく、くりっとして可憐だった

彼女の小さな体に合わせた白衣が、なんともいえず可愛らしい

マリアに追いかけられながら喜んでいるような表情なのは、追いかけっこをしていることが嬉しいのかもしれない

「それはあんたを追いかけてるからでしょ!」「ふふん、それはいいわけなのじゃー」「ああいえばこういう……」 マリアがなんともいえぬ顔をして肩を落とすと、幼女がセツナたちの前で足を止めた

あなたも好きかも:パチンコ みさお 年齢
「む?」 怪訝な顔でこちらを見あげてきた幼女の大きな目は、不思議な色をしていた

あなたも好きかも:白雪 パチンコ
虹色の虹彩は、幼女がただものではないことを示している

少なくとも、人間にそのような虹彩をしたものはいないはずだ

あなたも好きかも:スロット スーパーブラックジャック 天井期待値
聞いたこともなければ、見たこともなかった

「ようやく観念したようだね」 マリアが走るを止めて、幼女の背後に立つ

マリアはまだ、こちらに気づいていない様子だった

幼女に意識を集中しているのだろう

幼女は、背後のマリアにではなく、セツナたちに興味が湧いたようだった

尋ねてくる

「おぬし、なんじゃ?」「え?」 マリアは幼女の質問によって、ようやく研究室に部外者が乗り込んできたことを知ったようだ

幼女に向けていた視線を上げ、セツナたちを視界に入れた瞬間、引き攣らせていた表情に驚きを走らせる

「マリア先生」「マリア様、お久しぶりにございます」「は……」 マリアは、セツナとレムを見つめながら、その場に崩れ落ちた

愕然とした表情のまま、茫然と、口を開く