スロット 中身 設定

スロット 中身 設定

「……うん

そうなるなぁ……」風に揺れる灯火に照らされたタガグロが困り顔でこちらを見る

「何が問題なんだ?機械竜はもう倒しただろ?」「セイちゃん、つまりな」「うん」「あんな機械竜をハクトウ商会が扱えるわけ無いやろ?」「そうだな」「ということはマシーナリーから提供されたものなんよ」「そして大掛かりな格納装置から機械竜はせり出してきたやろ? ああいうのは、マシーナリー以外には簡単には作れないんよ」「そうだな」「それが前からここにあるということは、ゴルスバウと前から 手を結んでいたマシーナリーがいるってことなんだよ」「そうなるのか!!さすがの推理だな!!」いや、単純な話である

あなたも好きかも:マクロスf パチスロ 新台
状況証拠が、すべて正直にそう言っている

「さすがに、これ流したのは、あの機械爺さんやないんかなぁ……」「かもなぁ

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ 知恵袋
流れ人の戦闘データ取るのが趣味とか言ってたしな」つまりガルゴム城で将来的に俺が戦闘するのを見越して予め、ゴルスバウと手を結び、ここに機械竜を配備させていたわけだ

あなたも好きかも:パチンコ aタイプ 機種
となると、あの爺さん相当問題があるということになる

これからも度々、邪魔をしてくるだろう

「まあ、とりあえず、たっくんたちは城壁の破壊を始めてや

 うちたちは城の探索を続けるわ」「分かった」素早く城壁から内側に飛び降りて、夜の城内へと去っていくタガグロの背中を見ながら「やろうか」とセイに声をかけて、そろそろ眠そうなセイと城壁の打ちこわしを始める

月明かりに照らされて、二時間ほどで全ての外壁を壊し終わった

瓦礫の山の上に座って、残された城郭を見る

セイはウトウトしたのちに、座ったまま寝始めた

疲れたようだ

とりあえず放っておく

しばらく待っていると、アルデハイトが一人で飛んできた

「あら、セイさんは寝てしまいましたか」「そうだな

疲れたみたいだぞ」「ふーむ

では、私と二人で焼け出されて南下してくるゴルスバウ軍を 降伏させに行きましょうか」「そうだな