エウレカセブン ao スロット ゾーン

エウレカセブン ao スロット ゾーン

「おお、やはり! 噂の『英雄』殿でしたか!」「え、『英雄』……?」 男の言葉を聞き、少しばかり僕は笑顔を崩してしまう

あなたも好きかも:プレイボーイ パチスロ
 いつの間にか、巷での僕の評価は恐ろしいことになっているようだ

「噂は、かねがね聞き及んでおります

アイカワ・カナミ様は、レガシィ家の当主パリンクロン・レガシィ殿にその才を認められ、『エピックシーカー』のギルドマスターになられたと――」「あ、はい……」 急に勢いよく喋り始めた男に、僕は後ずさりする

あなたも好きかも:ダイナム オリジナル パチンコ
 しかし、隣のスノウが笑顔で「聞きなさい」と訴えている

僕は作り笑顔のまま、男の長話を聞く

 長々とギルド『エピックシーカー』の近況を讃えられ、ことあるごとに僕の仕事を褒められる

明らかに僕をおだてて、何らかの商談(ことば)を引き出そうとしている様子だ

 僕は曖昧な返事を心がけ、時にはスノウの顔色を窺って、慎重に相槌を打つ

あなたも好きかも:netent ルーレット
 そして、ギルドの話題が尽きたところで、男は僕の手を握った

 手のひらから硬い金属の感触が伝わってくる

 《ディメンション》で金貨を握らされたことを理解する

「こちらは我ら商家からの『エピックシーカー』への真心です

ラウラヴィアを支える同士として、あなた方の活躍を祈っていますよ」「え、そんな、受け取れ――」 僕は咄嗟に断ろうとするが――「受け取って、カナミ

でないと角が立つ」 スノウの諫言が、それを遮る

 ちなみに、声は左耳のイヤリングからだ