スロット 設定狙い 勝てない

スロット 設定狙い 勝てない

召喚された勇者に金髪の割合が高いのも、この世界の何かに影響されてのことなんじゃないかと

「どうし……たね?」 怪訝そうにフレデリカが訊く

「いいえ、いつものようにお美しいですね」 私は営業スマイルのまま、お世辞を、いや本心を言った

 フレデリカは一瞬だけ疑問符を顔に浮かべた後、すぐに口だけで笑う

あなたも好きかも:下松 パチンコ コロナ
「そ……そう…かい、それはありがとう

あなたも好きかも:パチンコ abc 営業時間
倉庫まで付いてきてくれ……るか?」 ぎこちない笑みを浮かべる

 フレデリカは騎士だからか物言いを男性的にするように心がけているらしい

騎士の軽装も相まって、宝塚的な流麗さがある―――はずなんだけど、ぎこちないので、台本を棒読みしている演劇初心者にも見える

あなたも好きかも:浜松町 パチスロ
思わず拳を握って頑張れ、と言ってしまいそうになる

「わかりました」 門番に一礼して、倉庫までの同行をフレデリカにお願いする

「こっち……だ」 フレデリカが手招きをする

周囲に人影がないことを確認した私は、浮かべていた笑みを止める

「どう? 慣れた?」 私が口調を変えて話し掛けると、フレデリカはビクッ! と身体を震わせて、歩みを止め、私の方に振り向く

「慣れてきた……きま……した」「口調がバラバラね」「すみません……」 しおらしくなるフレデリカはちょっと愛らしい

「もうさ、騎士風で統一しようよ

私に敬語とかいらないし?」 冷たく視線を送る

フレデリカが固まる