パチンコ 裏事情

パチンコ 裏事情

「まあ、そうね」 そのことがよくわかっているコレットは肩を竦めながらそう答えた

 考助とコレットの会話が終わるのを待っていたのか、ちょっと間が空いた隙にシアが小首を傾げながら聞いてきた

あなたも好きかも:エヴァンゲリオンスロット
「とうさま、せいれいがそばにいるのはいや?」 微妙に悲しそうになっているシアの表情を見て、考助は誤解させたかと思いつつ、笑顔を浮かべてその頭を撫でた

「まさか

そんなわけないよ

あなたも好きかも:有限会社原田 パチンコ
でも、とうさまには精霊が見えないからねえ

どれだけ喜んでくれているのか見れないのは、ちょっと寂しいかな?」「そうかー」 考助の答えに、シアは悲しそうな表情のまま頷いた

 今度は考助が精霊を見ることができないということに対する表情だ

「気にしなくてもいいんだよ

とうさまが精霊を見れないのは、生まれたときからだからね

それを悲しいと思ったことはないよ」 もう少し双子が大きくなれば、逆に見下すことになりかねないということまで教えるのだが、いまはこれだけで十分だ

 そっとコレットを見れば、彼女もそれで十分だと頷いていた

あなたも好きかも:ネッテラー カード 使え ない
 シアとの会話が終わったと見てか、今度はセイヤが話しかけて来た

「とうさまは、せいれいをみれるようにはならないの?」 その問いかけにシアがバッと考助を見て来た

 なにを期待しているのかわかるその反応に、考助は苦笑しながら首を左右に振った

「どうだろうね

少なくとも前に試したときは駄目だったよ?」 神威が増えているお陰で、できることが増えているかもしれないが、少なくとも現状では試してみる気にはなれなかった