sim スロット タブレット

sim スロット タブレット

あなたも好きかも:パチスロ 待ち受け
 ライは遠方を見つつ目に入らぬよう腕を顔の前で覆い、「全然堪えて無いな……」「ハッハ……当然だろ、つかテメェもな?」 背後に来ていたシヴァへ話す

 互いに数キロ吹き飛んだのだが、ライとシヴァ、両方とも外傷は無く無傷に等しい状態だった

「そらっ!」「まだまだ!」 刹那、ライは第二宇宙速度で蹴りを放ち、片腕でそれを受け止めるシヴァ

 シヴァは受け止めた状態でもう片手を天に突き上げ、「おっと……!」 何かをしようとする前に、ライは脚の手を解いてそれを避け、そのままシヴァから距離を取った

 その動きで砂埃が舞い上がり、風に吹かれて消え去る

「ハッ、避けたか

あなたも好きかも:島根県 松江駅 パチンコ
まあ、避けるのが当然だな」「ああ

まあ多分、それを受けてもあまり堪えないってのは自負しているけど……やっぱりやられっぱなしってのは俺的にも嫌だからな……避けるだけ避けた次第だ」 避けたライに向けて笑うシヴァと笑って返すライ

 互いに息の吐く暇も無い攻防

という訳では無い

ライは二割、シヴァは一割未満

つまりどちらも全くの本気ではなく、互いは互いに割りと余裕があった

「……!」 その瞬間、ライは第二宇宙速度でシヴァへと向かう

あなたも好きかも:dmm オンラインゲーム r-18
 大地を大きく踏みつけ、粉塵と共に大きな破片を浮かせる

 その破片は平べったく分厚い

もしもの時はこれを足場に出来るだろう