桃田賢斗 カジノ

桃田賢斗 カジノ

マユラとわたしは切っても切れぬもの

いまは、わたしの中に隠れてもらっているだけだ

しかし……この状態は、ミリュウにもエリナにも好評だったが、そうか、セツナ

おまえもこちらのほうがいいか」「皆そういうんじゃねえかな」「ほう……」 女神が目を細める

意外だとでもいうような反応は、彼女が、セツナたちがマユラ神をどう想っているのかを考えもしなかったということの現れに違いない

あなたも好きかも:パチンコ ガンダムユニコーン 導入日
セツナたちは、マユリ神に対しては、心の底から敬い、常に感謝を念頭において接触している

背後のマユラ神への感想を一切いってこなかったのも、それだ

マユリ神とマユラ神は、彼女自身がいうように表裏一体の神だ

あなたも好きかも:ボーダーランズ2 スロット レジェンダリ
マユラ神への感情が、そのままマユリ神を傷つける刃になりかねない

 故にセツナたちは、マユラ神には尽く触れてこなかったのだ

それがマユリ神に、ある種の誤解として伝わっていたのかもしれない

「ならば、しばらくはこのままでいるとしよう

マユラも眠っているだけなのでな

文句はあるまい」「そうしてくれると、俺としても嬉しいよ」「そうか

まさに希望だな?」「そういうことになるかな」「ふふ……またしてもおまえたちの希望を叶えたわけだ」 女神は嬉しそうに跳ねるような仕草をして見せた

まるで天真爛漫な少女が舞うかのような動作は、可憐としかいえない

背後にマユラ神の姿がないのも大きいだろう