バイオハザード スロット 歴代

バイオハザード スロット 歴代

 その紫の魔力をまとった腕が伸ばされ――私の心臓を握られる

 直撃だった

 私は心臓だけでなく魂も握られ、全身が硬直する

 掴んだ手が緩んでしまい、その隙を突いて残った左腕も切断されてしまう

あなたも好きかも:加藤茶 パチンコ 来店
 私は両腕を失って、後ろに倒れこむしかなかった

 もう魔力も体力も空っぽだ

ノスフィーさんの魔法のおかげで生きているが、もう何もかもが限界だ

あなたも好きかも:パチンコ 遊戯連盟
 私はフーズヤーズの屋上、その湖面のような床に寝転び、なくなった両腕の先を見つめる

ついこの間死んだカナミと似た状態だった

だから、もう――「流石に、これだと……

もう、挑戦できないっすね……」 そう口にするしかなかった

あなたも好きかも:パチンコ シンザン 閉店
 私の転倒を追いかけて馬乗りとなった経験者も、私の心臓を握ったまま同意する

「ああ、どうしようもない

……終わりだ」「終わりかぁ……」 認める

 私は全てを認める