site:wikiwiki.jp/kancolle スロット

site:wikiwiki.jp/kancolle スロット

随分と昔で、忘れていた

当代は寡黙な人間だから、同じことを二度言わないことなどよくあるけれど

「なるほどねえ……」 たぶん、今の自分に足りないのは、そこなんだろうと思った

しかし、コウノみたいなのが目の前にいて、自由に、気ままにしていろ、なんていうのが無理だ

あなたも好きかも:駐車場 パチンコ 江東区
「リンドウって、人に物を教えるの、向いてるかもしれないね」「そう? 僕自身、誰かに教えるなんて真似は、できないと思ってる

それは自分のことで手一杯ってことなんだけど、そんなものかな」「だって――リンドウ、気付いてない? 君はそうやって、自分のことが手一杯で、思考を巡らしているけれど、考えるのは他人のことも含んでいるじゃないか」「そうかな、……確かにそうかもしれない

あなたも好きかも:西川口 スロット 2ch
一人でいる時以外は、だいたいそうだ

僕はまだ想像しかできないけれど、うん、そうだね、誰かに教えるっていうのも、面白いかもしれない

教育がどんなものか知ろうと思って、ここへ来たのが発端だったと、思い出したよ」「そうなの?」「うん、メイにそう言われてね

あなたも好きかも:aiの遺伝子 ブラックジャック
収穫は……あったような、なかったような」「そういえば、メイは君たちと一緒にいたんだね

関係は聞かない方がいいのかな?」「メイは僕たちの、保護者みたいなものだよ

彼女の相方は、随分と前に亡くなっているから」「いや、いいんだ

そっちの事情にも、あまり踏み込みたくはない」「あまり気にしてはいないんだけど……僕は姉さんと違って、すぐに人を信用するから」 だから、人付き合いが下手なんだと、リンドウは小さく笑った

「それが裏目に出たこともあったろう?」「うん

裏切りには相応の報いを――なんてことは、言わないけど、多少は

それでも僕は、信用するからこそ、裏切りの可能性はちゃんと考えてるから」「それはそれで、こっちとしては厄介なんだけれどね

信用に対しては、信用を返したくなる

それが意図しないものだと、余計に」「そうなのかな?」「そういうもの

しかし、とりあえずはここで終わりかな――学生の生活ってのも、悪くはなかったけど」「今回は短かったからね」「ま、楽しかったよ