パチスロ「メタルギア ソリッド スネークイーター

パチスロ「メタルギア ソリッド スネークイーター

(それなのにこの魔物は、自分が婚約者だとは言わないのだわ)ネアが手帳のそのページを開いて指で辿るのを見ていたのに、自分が婚約者だと主張することはない

魔物はこの文字が読めないのかなと思えば、他の記述には説明をしてくれたりするので、そういうことでもなさそうだ

あなたも好きかも:兵庫県 イベント パチスロ
「…………ディノは、私の婚約者なのですか?」思い余ってそう尋ねてみると、水紺色の瞳を揺らしてひどく儚げに微笑んだ

あなたも好きかも:東広島 パチンコ ビクトリー
どこか寂しそうな微笑みだが、ネアを脅かさないようにと慎重に整えられているのが分る

ふっと伏せた睫毛の影が目元に落ち、どこか困ったように淡く微笑む

「………うん、私は君の婚約者だよ

でも君からね、君が私を忘れているだけならいいけれど、この世界に来てからのことも忘れていた場合は、先にそれを言うと心が縮こまって警戒してしまうと言われたんだ

元の世界にいた頃の君は、そんな風に誰かとの絆を育てられるとは思っていなかったそうだよ」「……………ええ

なので、とても驚きました

私が…………」どう言えばいいのだろう

言葉を探して思考が迷子になってしまったネアに、ディノはそれでいいよと優しく微笑んでくれる

あなたも好きかも:オンラインゲーム dmm
「でもどうか、これだけは覚えておいておくれ

今の君はもう、ちくちくするセーターに嘆いた頃の君ではなく、君を大事にしている者達がたくさんいるからね」その一言が決定的だった

ネアが心の疵である惨めなちくちくするセーターの話を誰かにしたとすれば、余程その相手を信頼していたのだろう

(或いは、そんな頃のことが笑い話になってしまうくらい、幸せだったのかしら………)顔を上げれば、こちらを見ている美しい魔物がいる